×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

welcome


site map


about me


books


key words


link


bbs


zakki



近況ブログです


2016/12/23 追記・・・ようやく、書けなかった性暴力の話を今日少しだけ書くことが出来ました。下に記した「ようこそ(初めて来てくださった方へ)」の後半に『私が関わってきた人々の幸せを、切実に願い』と記していますが、未だにひとりだけ例外である人物・・・それがこの加害男性です。私は今とても幸せに暮らすことが出来ていますが、ただひとつ深い闇が取り除けていません。
それでも少しずつ長い年月をかけてここまでたどり着き、こうして文章に出来ることは、大人の私があの時の小さな私に手を差し伸べることが出来始めたからだと考えています。
今日初めて訪れてくださった方、ブログ村からいらしてくださった方、リンクをたどって流れ着いたご縁のある方、ずっと私と歩んできてくださった方も、どうぞこれから先もよろしくお願いいたします。
  
 




                     はじめに

フラッシュバック(FB)についてのお願い
このサイトには、フラッシュバックを起こすきっかけになる記述が含まれているかもしれません。
フラッシュバックとは、嫌な記憶が侵入し出来事を突然思い出したり、記憶が暴走して止められなくなったり、幻聴幻覚などを起こしたりなどして、再体験し大変苦しい状態に陥ることです。
私と似たような体験をされた方、SSA(Survivors Of Sexual Abuse)あるいはACOD(Adult Children Of Dysfunctional Family)の方、もし読んでいただいている途中で何か体調に変化がありましたら、読むことを中止するか、中断し時間を置いてまた読んでくださるかしてくださいますようお願いします。
くれぐれもご自分の心と体の調子に注意しながら読み進んでください。
 

                ようこそ(初めて来てくださった方へ)

 はじめまして。
 maruと申します。 
 このサイトネームは、好きだったPINK FLOYDのアルバム "THE DARK SIDE OF THE MOON"から名前をもらいました。

 about me で、物心付いてから、ここを作るまでの私自身の記録…長い自己紹介をしています。
私は、生命の危機にさらされるような虐待におびえて育ったわけでも、育児放棄をされていたわけでもありませんが、少しだけ変わった体験をしているかも知れません。
いわゆるアダルトチルドレンだと思っています。
このコンテンツは、私の自分自身の心の整理のために書いたものですが、それがどなたかのお役に立てればと思って残しています。


 booksで紹介している書物との出会いから、アダルトチルドレン(AC)という概念を知り、それらの混沌がだんだん言語化されてくるようになりました。
そうして、書き、整理する作業を続けながら、私はここで少しずつ成長することが出来たと感じています。
混沌を言葉にする、またそれを誰かが読んでくれる…、その事が持つパワーを実感すると同時に、今、私と共にこの場所を作り上げ、力を貸してくれた方々に心から感謝しています。

夜しかない世界の、電気のない村で、月明かりを頼りに生きてきたような、
暗闇の中でずっと手探りで歩いて来たような気がします。
色んな所にぶつかり、転んだり、怪我をしたり、近くにいる誰かに怪我をさせたり。
それはそれはめちゃくちゃでしたが、その時は何も解らずに何も自覚できずに、
ただただ生きることを続けるだけでした。

今、私は、ようやく電気が通った村の住人のように、かつて手探りで触ったものが何だったのか、
躓いたものが何だったのかを、ひとつひとつ認識する作業を続けています。
そして、ぶつかって怪我をさせた人々を思うと、とても悲しくなりますが、それも含めて私の人生と受け入れようと思っています。。

今これを読んでくれているあなたは、どんな世界にいるのでしょう。
傷ついているのではないでしょうか。
誰かを不本意に傷つけてしまい自分を攻めているのではないでしょうか。

月明かりを頼りに手探りて歩くあなたが、ここで何かを見つけられたら嬉しいのですが。
無力な私が、何か小さなことでも出来るなら、と思い、個人的な記録であるこの場所を残しています。


ここには私の心の中にある、不快な汚物もあるけれど、それは私にとって愛しいものでもあります。 
そして、もしかしたら私のような人が他にもいて、そしてここにたどり着くようなことがあったら、何かの参考になるかもしれません。

そう思い、また私が関わってきた人々の幸せを、切実に願いながら、今後もここを大切に守っていくことにしました。

 
2004/11/19  maru